斎藤はどこへ行った

ベリベリエモーショナルOL一年目(元大衆大学へっぽこ心理学部生)

ぜんぶ、妖怪のせいだ

 

今、妖怪ウォッチがちびっ子達の心を鷲掴みにしている。

 

国をあげて失敗作だと名指しされ、教育方針の改正でもはや無かったことにされそうなゆとり世代の一員である私は、そんな妖怪が覇権を握る現実を見るたびに、なんだかとっても寂しくて、切ない気持ちになる。

 

私が小学生の頃、一斉を風靡していたゲーム・アニメといえば、ポケットモンスター略してポケモンだった。

今となっては分厚くね?!とNOWなちびっ子達に馬鹿にされそうな懐かしのゲームボーイアドバンス。起動するとキーンピュイーンって、めっちゃかっこいい音がしたあいつ。

誰かの家の通信ケーブルを使って友達同士通信して、男の子女の子問わず夢中にポケモンマスターを目指していた。そういえば、たまごっちみたいなピカチュウ育成携帯ゲーム機もあったっけ。万歩計みたいなやつ。名前忘れた。

例に漏れず、当時小学生だった私のお気に入りゲームも、とっとこハム太郎3ラブラブ大冒険でちゅとポケットモンスターのエメラルドだった

 

今となってはポケモンと同じく、ハム太郎さんも現役を退いた感がある。もう完全に自分は子供というカテゴリから切り離されつつあるってことなのだろうか。ブログを書きつつそんな事実を否応に実感し、ちょっと切なくなる。冒頭で言った寂しさ、切なさは多分ここから来るのだ。正直、この前出た成人式より胸に来るものは大きい。

 

私はまだまだ子供でいたいんだーとばかり、カラオケにいくとめざせポケモンマスターを歌ったりする。ストーリ性の高い歌詞を気持ちよく歌い切った後、ふと思う。

ゲラゲラポーとヨーデルヨーデルは紅白に出れて、なんでこの曲はダメだったんだろう。ポケモン世代の私はやっぱりどうして肩入れしてしまうのだ。

 

百歩譲ってまだゲラゲラポーはいい。なんかこう、ネットで繋がってばかりってどうなの?!みたいな気持ちが伝わらなくもないから。

でもヨーデルはダメ。朝眠いのも、僕ちゃんイケメンなのに振られたのも、ピーマン食べれたのも、うんちが臭いのも、それはそういうものだからです。仕方ないです。むしろピーマン食べれたのはお前の努力の成果だわ、自信持て。

でもあの歌ってる子達はみんな可愛くて正直好きです。

 

小さな頃は、20歳になれば、自分は大人になれるもんだと思ってた。でも実際はそんなわけなくて、自分から大人にならなければ、一生歳くった子供のまんまってことに最近気づいたのでした。