斎藤はどこへ行った

ベリベリエモーショナルOL2年目(元大衆大学へっぽこ心理学部生)

呪いと絶望は、祈りと希望でもある

端的に言うと、失恋をした。失恋をした、というかこれ以上あるかないのかわからない、あのこの脈を盲信し、進展を祈る気力がなくなってしまったというのが正しい。魔法がとけてしまったとでもいうのだろうか。あのこというのはもちろん前回の記事http://ttt4…

恋に落ちた話

恋に落ちるという言葉があるのは知識としては知っていたけれど、まさか自分がその沼にはまるとは思わなかった。その子とは先日行った国際ボランティアで知りあった。笑顔が素敵で、子どもに好かれて、純粋で。理屈抜きでまさしく「落ちた」。本当にあのこと…

ぜんぶ、妖怪のせいだ

今、妖怪ウォッチがちびっ子達の心を鷲掴みにしている。 国をあげて失敗作だと名指しされ、教育方針の改正でもはや無かったことにされそうなゆとり世代の一員である私は、そんな妖怪が覇権を握る現実を見るたびに、なんだかとっても寂しくて、切ない気持ちに…

理◯の人、いい人でした。

大学の友人から、こんな笑い話を聞いた。県内でも下から数えた方が早い学校へと転任した恩師を、友人たち教え子が囲む機会があった。そこで恩師から赴任中の学校でのこんな出来事を聞いたという。ある日、1人の真面目そうな生徒が職員室にいた恩師のもとへ質…

斎藤くん(仮名)、お元気ですか

ブログタイトルの由来になった斎藤くん(仮名)のお話。斎藤くんと私は小学校2年生のときに始めて同じクラスになった。出席番号が近く、家もそこそこ近かった私達はなんだかんだで仲良くなって、ある日同じく番号の近い佐々木君(仮名)を交えて放課後公園で遊ぶ…

6年間続けてきたものを7年目に辞めた話

プロを目指してたとか、そういった大層な話ではない。私が中学一年生の時に吹奏楽部に入ったきっかけは、友達のkちゃんのお姉ちゃんの影響だった。祖母同士交友があって、幼稚園からの付き合いだったkちゃんに連れられて、小学生6年生のとき私はお姉ちゃんの…