斎藤はどこへ行った

ベリベリエモーショナルOL一年目(元大衆大学へっぽこ心理学部生)

呪いと絶望は、祈りと希望でもある

端的に言うと、失恋をした。

失恋をした、というかこれ以上あるかないのかわからない、あのこの脈を盲信し、進展を祈る気力がなくなってしまったというのが正しい。魔法がとけてしまったとでもいうのだろうか。




あのこというのはもちろん前回の記事http://ttt414141.hatenablog.com/entry/2015/04/16/231221のあのこである。


一回目のデート以降放流され、Facebookからの通知でご存知であろう私の誕生日もスルー。それでも恋に落ちた私は猪突猛進、痛々しく健気に、ここ1ヶ月ほど週一のペースでLINEを送っていた。喰いつきは割といいのに、進展はなかった。しかしつい先日、玉砕覚悟で食事に誘ってOKを貰って大喜び…からの「共通の友達も誘おう」である。


ずこーーーーーーー

という効果音が頭の上に浮かんだのも無理はない。


もっとショックを受けるものかとも思ったけど、案外冷静な自分でいられたことに驚いた。まーやっぱなという気持ちと、なんかもうどうでもいいんですけどという気持ちを噛み殺しつつ、私は女子会を企画する幹事のようなLINEを「彼」とした。


激萎えで過ごしていた折、はてなブログを回遊していて、とある方の記事に行き着いた。


http://papuriko.hatenablog.com/entry/2014/12/16/110508






引き込まれるように読みはじめ、沼に沈むように読みふけり、読み終わる頃には体力を一気に奪われたかのような倦怠感に包まれていた。そして思った。



お、大人って、つれーーーーーーーー


放流、喰いつき、回遊ときて釣れ、いや辛いである。


著者の方とここに登場する元魔法少女さんは、私のようなケツの青い「ガキ」ではなく、酸いも甘いも経験された「女性」なのだと思う。だいたい私は処女だし、いない歴=年齢だし。異性から選ばれる、あるいは性的な接触をしていない時点で私はまだ女子でも女性でもない、私はただの子どもなんだ……なんて言い出すときりがないので本題戻します。


ようするに、魅力的な熟練の釣り姐様たちでもこんなめにあっているのだ。恋愛経験のろくにない私のようなクソガキがうまくいかなくて、慶応ボーイに放流されるなんて、本当にたいしたことないし、ありふれてるし、てか本当にたいしたことないんだと思った。私的にはあのことの時間は一春の甘酸っぱい想い出だったけど、この甘酸っぱい想い出は瓶に詰められて大量生産されてるアオハタのイチゴジャムと本質は変わらない。アオハタは美味しいけどもね。


「あのこ」に恋していたときの「私いま、この恋物語の主役なの」とドヤ顔して生きていた様を思い出して急に可笑しくなった。爆笑した。結局私は魚っていうより、蛙だったみたいだ。自意識の中のかわずだ。

棒切れにタコ糸つけたおもちゃの釣竿で、田んぼの隅っこで、黒光りするランドセル背負った慶応ボーイに釣り上げられたウシガエルだったのだ。


性的な魅力があり、牧場の羊にある意味で選ばれた元魔法少女さんとは異なり、私はなにもなかったかのように生簀から川へと放流をされた。

この選ばれなかった事実を無理くりポジティブにとらえるならば、中途半端にヤることやっちゃうところまで進めなかったのはある意味で私にとって幸福なことであったといえる。


向こうが私の地雷を感じ取ったというか、特に食指がそそらなかったというだけなんだろうけど、気まぐれ起こされてヤられでもしたら、まじで私、魔女化待ったなしだった。性的な魅力がないというのも、神様が与えてくれた一種の自衛の才能なのかもしれない。


なにはともあれ、これでまた笑い話ができた。人生初のデートは楽しかったし、いい想いもできた。それで私は、蛙は、十分である。

希望が呪いをうむとしても、希望のない世の中を生きれるともおもわないし、生きようとも思わない。強がりだけど、今はそう信じている。


最後に釣り師の彼に一言だけ言いたい。

ずっといいたかったけど、履いてた靴、カブトムシのメスみたいだったね。