読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斎藤はどこへ行った

大衆大学へっぽこ心理学部にわか心理学科専攻のJD

サケ・ノミマクル

ここ半月ほど、14時くらいから1時間ほど一気に酒をあおぎ

(ワインボトル半分と自家製梅酒ロック×2がいつものルーティーン)

気を失うように寝て、19時くらいに起き、用意された晩御飯を食べ、小説や散文をひたすら書き、酒を飲み、24時くらいにインスタントラーメンを夜食として食べ、空が白ばんて来た深夜3~4時くらいにさすがにやべえと寝落ちする日々が続いている。

 

ちなみにこの文章も氷結ロング缶を10分で飲み干したテンションのまま書いている。

端的に言って最高な気分だ。最高にハイってやつである。

 

こういう酒LOVE、酒ズッ友生活を続けているとどうなるのか。

端的に言って、現在、私は日常生活をまともに遅れていない。

 

まず、朝、起きることが出来ない。

 

風呂にはいらないまま寝るので、朝ぎりぎりに起きれたとしても外に出れるコンディションでないから(むしろ出て行ったら小汚すぎて公害レベル)

予定ドタキャンして引きこもる

 

引きこもっているとそんな自分が嫌になるから家にある酒を14時くらいから飲む

(なんで決まり切って14時からなのかと言えば、スッキリ→PON→ヒルナンデスというよく見てる日テレ黄金ラインが途切れてふっと我に返ってしまう魔の刻であるからである。ミヤネ屋は嫌いだ。)

 

酒を飲んだことによってひと時だけ訪れるサイコーの自分とサイコーに美しいこの世界への圧倒的感謝。

耳元のイヤホンからは爆音の倉橋ヨエコ

♪戻れるな~ら~もっとおお~もっとおお~賢く生きてただろう~~~

それに浸りながら、私は寝る、というか気を失う。最近はそれの繰り返しだ。

 

 

 

 圧倒的生産性のない毎日だ。貴重な時間をドブに捨てまくる、浪費しまくり。

ワイン味わい尽くしまくりである。

f:id:ttt414141:20160602183332j:plain

 

 

就活の説明会はキャンセルアンドキャンセル。

面接はチキってキャンセルできないから参加はするものの、当然シビ滅裂な受け答えしかできない。そんな受け答えが嫌になって、面接帰りにまた酒買って、飲む。

それの繰り返しだ。繰り返しだ。

 

レ・ミゼラブルのフォンテーヌ母さんは「私の人生こんなんじゃなかった」と泣きながら歌っていたけど、ほんとまじ、それなである。

 

私の人生、こんなじゃなかった。

私の人生、まんま父をなぞっている。

 

ビールとウィスキーがワインと梅酒

矢沢永吉倉橋ヨエコ

それぞれ変わっただけだ。

 

インスタントラーメン深夜ドカ食いに関してはまったく一緒だしね。

 

 

 

レ・ミゼラブルの邦題は「悲惨な人々」であったと聞く。

私って悲惨なのかなあ?父さんって悲惨だったのかなあ?

どう思う?教えてよ。

はてな村の高学歴で圧倒的社会強者のみんな~~~~~~~~

 

つい今しがた送られてきた第一志望の最終選考の結果を告げるお祈りメールを見つめながら、酔いがさめたら、もう一杯飲もうと考えている。